「光触媒化学」をハイブリッドさせた画期的
  G・FORCE-1 ボディー・コーティング
conte

光触媒=酸化チタンが汚れ・水垢の付着を防止

新ガラスコーティング被膜の力強い基本性能に
最先端の「光触媒科学」をハイブリッドさせた画期的なボディコーティングです 塗装を保護し 光沢を保つだけでなく酸化チタンのパワーで自然に汚れを分解します。
  ☆ 紫外線による色褪せを防ぐ
  ☆ 光触媒効果で汚れを自然分解
  ☆ 超・効果被膜で長期にわたって愛車の塗装を保護

conte

特殊処理剤で下地処理

下地作りの液剤からコーティング剤と同じガラス系素材で新車塗装面を削らずオリジナルスーパーコンパウンドSPCを使用し キズを埋めながら固めますので深みのある光沢になります また、紫外線防止効果でボディの色褪せを防ぐ効果もあります。

conte

特種バインダーにより分子レベル結合

ボディー表面のガラス張り仕上げをイメージした 入念な施工ののち 半日陰で定着のための自然乾燥を行います この間 光触媒の酸化チタン 強力に水をはじく撥水基 コーティングの要となる新ガラス系素材などが特種バインダーにより分子レベルでがっちり結合 硬度9H以上の硬度となります。
 (日本塗装検査協会調べ)

 

光触媒と酸化チタン [編集] 機構

光触媒 ひかりしょくばい 英:photocatalyst(触媒そのもの)

photocatalysis(触媒作用))とは 光を照射することにより触媒(化学反応を促進させるがそれ自体は変化しない)作用を示す物質の総称である また、光触媒作用は光化学反応の一種と定義される通常の触媒プロセスでは困難な化学反応を常温で引き起こしたりまた化学物質の自由エネルギーを増加させる(光エネルギーを蓄える)反応を起こす場合がある。

 

酸化チタン

二酸化チタン(にさんかチタン)は組成式 TiO2、式量 79.9 の金属酸化物 チタンの酸化物で単に酸化チタンとも呼ばれる この作用は他の物質にくらべて顕著であり水を酸素と水素に分解するほどの酸化作用をもっている 酸化チタンを用いて水から水素を得ようとする工学的応用が研究されている。これは太陽の光エネルギーから水素というクリーンエネルギー(水素は燃焼して水になるため)を生成することを意味し夢のエネルギー循環サイクルといわれている超親水作用は ガラスの防曇加工技術として既に応用されている 自動車のバックミラーや道路のミラー等を酸化チタンでコーティングしておけば水がはねついても表面で水滴とはならず そのまま流れ落ちるそのため雨天時の視認性が大幅に向上する また油性の汚れ(マジックペンなど)が全く定着せず 雨などで定期的にこのような水が流れることにより 表面が洗浄され いわゆるセルフクリーニング作用をもつ。

 

TOPへ 地図 メールを送る

 

Copyright (C) 2005 .miracle-miki. Corporation. All Rights Reserved